• HOME
  • 特別受益と寄与分

特別受益・寄与分

特別受益に関する制度

 特定の相続人が,被相続人から婚姻,養子縁組のため,もしくは生計の資本として生前贈与や遺贈を受けている場合,特別受益者にあたることがあります。
特別受益が認められる場合には,その受益分を相続分算定にあたって考慮して計算することになります(「特別受益の持戻し」)。
 
 相続が開始すると,今まで知らなかった人が相続人として名乗り出てきたりすることがあります。
 逆に,自分が相続人としての権利を主張しなければならない場合もあります。
 また,寄与分や特別受益をめぐり,相続人間で意見が対立することもあります。このような場合,当事者だけで話し合いを行っても解決へ向かわないことが多くあります。
 
 このような問題でお悩みの方は,早めに専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。
                          ⇒「特別受益」について,詳しくはこちら


寄与分に関する制度

 家業に従事して親の財産を増やしたなど,被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をしたと評価できる場合は,民法の規定により,「寄与分」を別枠で受け取ることができます。
                          ⇒「寄与分」について,詳しくはこちら

sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

   事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

離婚相談Btn2_1.jpg債務整理相談事務所サイトブログ