財産管理

 もともと相続人がいない場合や,相続人全員が相続放棄をして相続する者がいなくなった場合には,家庭裁判所に相続財産管理人の選任の申立てをすることになります。
 申立てができるのは,被相続人の債権者特別縁故者といった利害関係人検察官です。
 選任された相続財産管理人は,被相続人の財産の清算や相続人の捜索の公告を行い,清算後,残った財産を国庫に帰属させます。
 
 相続人ではないけど同じ生計で生活していた,被相続人の療養看護に努めた,という方は,特別縁故者にあたるかもしれません。
 その場合,相続人がいなければ,相続財産の一部又は全部の分与を受けられる可能性があります。
 特別縁故者が相続財産の分与を受けるには,相続人捜索の公告期間満了後3か月以内に家庭裁判所に申し立てをし,分与が相当であるとの審判を受ける必要があります。
 この審判が確定すれば,相続財産の全部または一部が無償で分与されます。
 相続人がいない場合,自分が被相続人と近しく特別縁故者に当たるかもしれない,そんな場合には一度弁護士にご相談いただくことをお勧めします。
 

sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

   事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

離婚相談Btn2_1.jpg債務整理相談事務所サイトブログ