• HOME
  • 解決事例
  • 亡父が連帯保証人だったなんて知らなかった!父の死から約2年半後の相続放棄が認められた事例

亡父が連帯保証人だったなんて知らなかった!父の死から約2年半後の相続放棄が認められた事例

依頼者

50代男性,40代女性

相続人数

2人

相続関係図


相続1101m.JPG

遺産総額

預貯金約1200円,負債不明(約3900万円)

解決方法

相続放棄申述

解決までの期間

3ヶ月

解決のポイント


(ご相談の内容)
・依頼者は,被相続人が亡くなられた約2年半後,被相続人が生前,貸金債務の連帯保証をしていたことを知りました。
・この度,債務者が破産手続きを行うことになったため,今後,相続人である依頼者お2人が連帯保証請求を受けることになると聞き,どう対応したらよいか相談に来られました。
 
 
(解決のプロセス)
・家庭裁判所へ相続放棄の申述を行いました。通常,相続放棄は相続を知って3ヶ月以内を超えると原則として認められません。そのため,依頼者が,保証債務の存在を知らなかったことを資料をそろえて説明する必要がありました。その結果,相続放棄が認められました。
 
 
(弁護士からのコメント)
・依頼者が被相続人の死亡を知った時から3か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかったのは,相続すべき相続財産が全く存在せず,かつ,被相続人に係る相続債務は存在しないものと信じたためです。このような場合,熟慮期間の起算点は,相続債務が存在することを知った時となります。
 

当事務所の解決事例


遺産分割に関する事例

弁護士が相続人調査を行い,遺産分割協議を行った事例

きょうだいが管理していた両親の遺産の全容が分からない…特別受益の範囲が争いとなった事例

遺産分割協議は遺産が分かってから。遺産分割協議の無効を主張して和解した事例


相続に関する事例

遺言書で指定された相続に対し,遺留分減殺請求や生前の引出金について調停で解決した事例

相続するのは資産だけではない,被相続人の負債も整理した事例

亡父が連帯保証人だったなんて知らなかった!父の死から約2年半後の相続放棄が認められた事例


成年後見に関する事例

不自由なく生活してもらいたい,家族の意向を最大限生かした信託設定を行った事例

遠方に住む父の財産管理ができないため,成年後見制度を利用した事例

信頼している社会福祉士を後見人にしたい。後見制度支援信託を利用した後,本人の希望を叶えた事例

弁護士の関与により,後見制度支援信託の不安を解消出来た事例

後妻の財産管理に不安があるとして,前妻の子が成年後見制度を利用した事例

高齢の親族後見人が後見支援信託を利用した事例

家族ではダメですか?弁護士が専門家後見人となった事例

相続手続きが必要な方の成年後見になって遺産調査を行った事例

交通事故で寝たきりになった方の成年後見人として損害賠償請求等を行った事例

夫に先立たれ,脳梗塞で倒れた女性に成年後見人が就いた事例

「親亡き後の子」のために弁護士が保佐人に就任した事例




sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

 事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

lo.png rikon.png saimu.png koutu.png blog.png 友だち追加