• HOME
  • 解決事例
  • きょうだいが管理していた両親の遺産の全容が分からない…特別受益の範囲が争いとなった事例

きょうだいが管理していた両親の遺産の全容が分からない…特別受益の範囲が争いとなった事例

依頼者

60代女性

相続人数

3人

相続関係図


藤井信子.JPG

遺産総額

預貯金約4200万円,保険等約600万円,不動産

解決方法

調停

解決までの期間

1年3ヶ月

解決のポイント


(ご相談の内容)
依頼者は,他のきょうだいが被相続人(両親)の財産を管理していたため,両親が他界した後,どのような管理がなされているかわからないので,両親が亡くなった後の預貯金の入出金の履歴を確認して,相続手続きを行いたいと相談に来られました。
 
(解決のプロセス)
・まず,取引のあった金融機関に口座の履歴の照会を行いました。
・その後相手方らから調停の申立てがなされましたので,預貯金及び保険等をすべて解約して現金化しました。
・また相手方らからは,約1200万円の特別受益の主張がなされましたが,適宜反論をし,約70万円まで減額することができました。
・最終的に現金化したものと,上記特別受益を合算したものを遺産の総額とし,法定相続分によって相続する旨の調停が成立しました。
 
(弁護士からのコメント)
本件では,依頼者がきちんと親の財産を管理されていたのですが,きょうだいの関係が疎遠だと不要な誤解を受けることがあります。依頼者は心情的にも非常に辛かったと思います。そのような不幸な誤解を防ぐためにも,特に認知症の場合には成年後見の利用をお勧めします。
 

当事務所の解決事例


遺産分割に関する事例

弁護士が相続人調査を行い,遺産分割協議を行った事例

きょうだいが管理していた両親の遺産の全容が分からない…特別受益の範囲が争いとなった事例

遺産分割協議は遺産が分かってから。遺産分割協議の無効を主張して和解した事例


相続に関する事例

遺言書で指定された相続に対し,遺留分減殺請求や生前の引出金について調停で解決した事例

相続するのは資産だけではない,被相続人の負債も整理した事例

亡父が連帯保証人だったなんて知らなかった!父の死から約2年半後の相続放棄が認められた事例


成年後見に関する事例

不自由なく生活してもらいたい,家族の意向を最大限生かした信託設定を行った事例


sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

   事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

lo.png rikon.png saimu.png koutu.png blog.png

友だち追加