• HOME
  • 解決事例
  • 遺言書で指定された相続に対し,遺留分減殺請求や生前の引出金について調停で解決した事例

遺言書で指定された相続に対し,遺留分減殺請求や生前の引出金について調停で解決した事例

依頼者

50代女性

相続人数

5人

相続関係図


souzoku0330.JPG

遺産総額

預貯金,不動産合計約3700万円

解決方法

遺留分減殺請求調停

解決までの期間

1年3ヶ月

解決のポイント


(ご相談の内容)
・依頼者は,他のきょうだいから,被相続人の遺産を全て母に相続させて,自分たちは相続放棄することを提案されましたが,遺産の開示をしてもらえませんでした。
・母によると,被相続人の遺言書があるとのことでしたが,保管場所がはっきりせず内容は不明でした。
 
(解決のプロセス)
・その後,被相続人の自筆証書遺言書が出てきたため,家庭裁判所で検認が行われました。内容は,母にすべての遺産を相続させるというものでした。
・また,遺産の調査を行ったところ,被相続人自身による金銭管理が難しい時期に,被相続人の預貯金口座から大きな金額の払出しが繰り返されていたことが判明しました。
・内容証明で遺留分減殺請求を行った後,調停を申し立て,死亡時の遺産に生前の引出金(約2100万円)の持ち戻しを求めました。結果,価格弁償として2人で700万円(養子縁組を行っていた相続人は離縁することが条件)を受け取ることが出来ました。
 
(弁護士からのコメント)
・遺留分の場合,時効が1年と短いですし,本件のように生前の引出金や特別受益等がある場合には複雑になります。また,遺留分の問題の背景には家族間の感情的な対立があり,当事者同士の協議では解決しないことが少なくありません。そのため,なるべく初期の段階で専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

当事務所の解決事例


遺産分割に関する事例

弁護士が相続人調査を行い,遺産分割協議を行った事例

きょうだいが管理していた両親の遺産の全容が分からない…特別受益の範囲が争いとなった事例

遺産分割協議は遺産が分かってから。遺産分割協議の無効を主張して和解した事例


相続に関する事例

遺言書で指定された相続に対し,遺留分減殺請求や生前の引出金について調停で解決した事例

相続するのは資産だけではない,被相続人の負債も整理した事例

亡父が連帯保証人だったなんて知らなかった!父の死から約2年半後の相続放棄が認められた事例


成年後見に関する事例

不自由なく生活してもらいたい,家族の意向を最大限生かした信託設定を行った事例

遠方に住む父の財産管理ができないため,成年後見制度を利用した事例

信頼している社会福祉士を後見人にしたい。後見制度支援信託を利用した後,本人の希望を叶えた事例

弁護士の関与により,後見制度支援信託の不安を解消出来た事例

後妻の財産管理に不安があるとして,前妻の子が成年後見制度を利用した事例

高齢の親族後見人が後見支援信託を利用した事例

家族ではダメですか?弁護士が専門家後見人となった事例

相続手続きが必要な方の成年後見になって遺産調査を行った事例

交通事故で寝たきりになった方の成年後見人として損害賠償請求等を行った事例

夫に先立たれ,脳梗塞で倒れた女性に成年後見人が就いた事例

「親亡き後の子」のために弁護士が保佐人に就任した事例




sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

 事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

lo.png rikon.png saimu.png koutu.png blog.png 友だち追加