縁を切る?相続廃除


板村です。

法律ウオッチ!で,相続廃除を取りあげました。

 

遺留分のある推定相続人が,被相続人に対して虐待や重大な侮辱などをした場合,

被相続人は家庭裁判所に廃除を請求することができます(民892条)。

よくご相談に出てくる「縁を切る」は,法的には廃除が最も近いと思います。

 

廃除が認められると遺留分すら剥奪されますので,裁判所では慎重に判断されます。

今回取りあげた裁判例は,両親が娘を廃除請求した事案ですが,第一審は

廃除を認めませんでした。

子どもの頃からの非行歴は家庭環境にも問題があるし,親の意に沿わない結婚も

特段の事情のない限り重大な侮辱等には当たらないとの理由からでした。

 

第一審の審判後,娘は結婚披露宴の招待状に招待者として父の名前を入れ,

両親の知人等に配りました(両親は結婚に反対)。

抗告審では,その事情も含めて判断され,廃除が認められました。

 

なお,廃除の意思表示は遺言でもできますが,その場合は遺言執行者が家庭裁判所に

廃除の請求をすることになります(民893条)。

 

ハードルは高いですが,頭の隅に入れておきたい制度です。

当事務所の相続・後見コラム一覧

相続に関するコラム

【事務局雑記】7月の相談
法定相続情報証明制度
遺言で相続するはずの人が先に亡くなった場合
縁を切る?相続廃除


後見に関するコラム





sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

   事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

lo.png rikon.png saimu.png koutu.png blog.png 友だち追加