• HOME
  • コラム
  • 遺言で相続するはずの人が先に亡くなった場合

 遺言で相続するはずの人が先に亡くなった場合


板村です。

 

法定相続の場合,推定相続人が被相続人より先に死んだ場合,代襲者が相続します。

では,「相続させる」遺言で相続するはずの人が先に死んだ場合,同様に代襲者が相続するのでしょうか。

 

最高裁平成23年2月22日決定を紹介します。

事案としては,被相続人(母親)に亡夫との間に長男と長女がいました。

母親は,長男に財産全部を相続させる遺言を作成していました。

しかし,母親が亡くなる3か月前,長男が先に亡くなりました。

この場合,法定相続人は,長女(1/2)と代襲者である長男の子3名(1/6ずつ)です。

では,遺言の効力はどうなるのでしょうか。

判決は,本件では遺言の効力が生じないとしました。

「相続させる」旨の遺言をした遺言者は,通常,遺言時における特定の推定相続人に

遺産を取得させる意思を有するにとどまるので,その推定相続人が先に死亡した場合は,

特段の事情のない限り,遺言の効力が生じないという理由です。

 

もし母親が長男の子らに相続させたい場合,どうすればよいでしょうか。

遺言書の中に,「長男が先に死亡した場合には長男の子らに全部相続させる」などの

補充的条項を入れておくとよいでしょう。

当事務所の相続・後見コラム一覧

相続に関するコラム

【事務局雑記】7月の相談
法定相続情報証明制度
遺言で相続するはずの人が先に亡くなった場合
縁を切る?相続廃除


後見に関するコラム





sozokubanner.png

   弁護士紹介   

 

   事務所紹介    

 

相談の流れ

      弁護士費用 

 

解決事例

 

相続でお困りの方へ


まずは無料相談のご予約を
0835-28-7228

ImgLS1_2.png

お客様の声推薦者の声

事務所概要

アクセスはこちら

Access Map対応エリア

対応地域 

‐山口県県全域‐

市別の対応地域

防府市、宇部市、周南市、山口市、萩市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、下関市、山陽小野田市

大島郡

周防大島町

玖珂郡

和木町

熊毛郡

上関町、田布施町、平生町

阿武郡

阿武町

 

lo.png rikon.png saimu.png koutu.png blog.png 友だち追加